大切な食事

FORM

基礎代謝アップ、ストレッチ
基礎代謝をあげて、ダイエット

ストレッチをしっかり行うことで、メタボリックシンドロームを予防のために効果の高い有酸素運動をスムーズに始めることができます。このストレッチが重要なんです。このストレッチは体の脂肪を燃やすことです。そのためには基礎代謝をアップさせるのが大切なポイントになります。このストレッチは高い効果が期待できます。基礎代謝をアップさせれば省エネルギーもその分多くなってからだが太りにくくなるのです。

基礎代謝はアップさせるのが大事ですが、その方法にはいろいろあります。例えば食事でたんぱく質が含まれたものを摂取することでも可能ですし、有酸素運動や筋トレでも基礎代謝をアップさせることができます。ただ、それらはもちろん有効なんですが、私の個人的にオススメするのは自宅での簡単ストレッチです。
ストレッチは体の凝り固まった筋肉をやんわりとほぐしてくれるものですが、ただそれだけではありません。体中の代謝機能をアップさせてエネルギーの消費量をアップさせるのです。これは筋トレと同じようなことがストレッチでもできるということ。なので、ダイエットとしても効果が十分期待できる運動なのです。
ストレッチはもっとたくさんの効果があって、怪我に対して予防してくれたり体を軟らかくさせる効果もあります。そしてつかれた後にやると疲れたからだを休ませて回復させる効果もあります。ストレッチは十分に筋肉を伸ばしてしっかりと行うのが大切です。

筋力トレーニングや走ったりなどの運動をする前に行うと基礎代謝を上昇させる効果が表れやすいので覚えておきましょう。

色々なストレッチ

ストレッチは一口に言っても、一人ではなく二人で行うようなペアストレッチングというストレッチ方法もあり、他にも体の部分部分で行うストレッチ方法などいろいろとあります。今回紹介するストレッチはストレッチの代表的な方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

※ペアストレッチングとは、2人でやるストレッチング方法です。2人で行うものとしては効果がかなり期待できる。

一人で気ままにストレッチ

・手首と指をほぐす

1. 立ったままの状態で、手のひらを胸の前でそれぞれの指も全部きれいに合わせます。両ひじは下に下げずに横の方へ向かうようにします。親指を胸に付けておきます。
2.姿勢はそのままにして、両手を下へとゆっくり下ろしていき、親指は体に付けたままにして指が離れそうになるくらいの位置まで下げます。
3. それから再び1.の状態に戻していき、これを繰り返します。
4. 次は両手だけのストレッチです。まずは右手の親指以外の四指で左手の四指をつかみ、ゆっくりと押し広げていきます。これを左右交互に行っていきます。
5. 次は、親指と親指を当てて押し広げていきましょう。これも左右交互に行いましょう。
6. 続いて右手の親指と人差し指と中指で、左手の薬指の背の部分を伸ばしましょう。
7. 続いて再び親指を伸ばしましょう。左手の親指へ右手の人差し指を引っ掛けて伸ばしましょう。

・体を大きく伸ばすストレッチ

1. まず両足を70cmくらいに開いて立ちます。両腕は肩と水平になるように伸ばしましょう。
2. 両腕は伸ばしたまま頭の上へ移動させます。両足は開いたまま、体を上の方に伸ばして持ち上がるようなイメージで行います。
3. 左足のつま先を左手の方向に顔と一緒に向けます。
4. 両腕は水平の状態にしたまま、左のひざを90度くらいになるまで曲げます。
5. 4.の姿勢を維持したまま、両腕を体側に沿うようにして上げていき胸は張ります。
6. 両腕は前方にそのまま倒すようにして、右の足とまっすぐ一直線になるように。
7. 右足を持ち上げてぐらぐらしないようにバランスを取ります。右側が終われば左側も同じようにして交互に行います。

二人で楽しくストレッチ

・足首を曲げるストレッチ

1. ストレッチを行う側が仰向けに横になるか、座った状態になります。パートナーは、相手のかかとを片手を使って下から持ち、空いた手で足の裏に押し当てて、相手の足を頭の方へ押します。アキレス腱を伸ばすような状態です。
2. 同様の動作を行いますが、ストレッチを行っている側は足を押し返すようにして力を入れます。
3. 一息つけば、また1.を繰り返し行っていきます。

・ひざを曲げるストレッチ

1. うつぶせになった状態になります。パートナーは片手を受け手のひざに敷くように置き、もう一方の手で足首をつかんで持ち上げて、かかとをおしりにあわせるように押し付けます。
2. この動作を行いながら、受けての人は反発するように足を伸ばすようにします。
3. 一息つけば、また1.を繰り返し行っていきます。

 

※この他にも色々なストレッチ方法があるので、自分に合った効果的なストレッチ方法を探して見てくださいね。

『ストレッチ』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lwqxwpi5/public_html/index.html on line 121

ウォーキングページへ

枠